刑事の勲章 (なれの果て?)


準備中(製作途中)

新参者
横山秀夫陰の季節(D県警シリーズ)  刑事の勲章 二渡真治 (仲村トオル)


横山秀夫・D県警シリーズ

# 書名 (刊行順) 発刊 備考
1 陰の季節
  (短編集) [開閉]
1998/10/__ 第五回松本清張賞
「陰の季節」「地の声」「黒い線」「鞄」
  ├ 陰の季節  (1998/07/) 「文芸春秋」1998年7月号
  ├ 地の声  (1998/09/) 「オール読物」1996年9月号
  ├ 黒い線   書き下ろし
  ┗ 鞄   書き下ろし
2 動機
  (短編集)
2000/10/10 第53回日本推理作家協会賞
「動機」「逆転の夏」「ネタ元」「密室の人」
(動機の舞台はJ県警U署でD県警ではない)
3 FACE
  (短編集)
2002/10/__ 似顔絵婦警・「黒い線」の平野瑞穂が活躍。
「魔女狩り」「決別の春」「疑惑のデッサン」「共犯者」「心の銃口」
4 64 (ロクヨン)
  (長編)
2012/10/__ 第10回本屋大賞第2位
5 刑事の勲章
  (短編)
2002/02/__
2016/04/__
「オール讀物」02年2月号初出(書籍未収録)
電子書籍のみでの販売
  警察小説の多くは捜査畑の人物が主人公だが、D県警シリーズでは主に人事畑。警察組織内の問題に焦点を当てている。 「動機」ではJ県警本部の企画調査官が主人公だが、ドラマ化ではD県警シリーズ(二渡真治)の原作として扱われている。 捜査畑の小説としてはF県警強行班シリーズ(後述)などがある。

刑事の勲章 って なれの果て?


  OB会(警友会・一の会)の席にて、本部勤務の二渡真治[警視]と所轄に移動した上原勇三[警視]との会話。刑事の勲章もしくは刑事のなれの果てについて話されている。

上原 「見えますか。あなたが見てこいって言った違う景色ですよ」
上原 「あれが動の湯上沢です。現役時代、本部長表彰5回とってます。体感して5年。今でも現役気取りだ」
二渡 「その隣が静の葉山か」
上原 「ええ、こちらも本部長賞4回。退官後も湯上沢と競い合ってるんです。これが刑事ってやつのなれの果てだ」
二渡 「おまえもあのままだったら警務の世界でそうなっていた」
上原 「だから島流しにしたってことですか」
二渡 「2年といったはずだ。その間、精進しろ。・・・・・・傷さえつくらなければ本部に戻れる」
上原 「俺は監察時代に同期の刑事に引導わたしたことが、あんなふうにはなりたくないですからね」

  (末席にいる上原を、離れた上座にいる湯上沢が呼びつける)

湯上沢「おう、トーシロの刑事さん、ちょっと来い・・・・・・座れ」
湯上沢「まず手帳をみせてみろ。おまえが本物のデカかどうか確かめる」
上原 「手帳はありません。一括保管で署に置いてきました」
湯上沢「やっぱりそうか。こいつはデカじゃねぇよ。手帳すら持ってねぇんだから。デカだったら、手帳、手放さねぇよ」
上原 「じゃ、お聴きしますけど、刑事の勲章ってなんですか」
湯上沢「賞なんて問題じゃねぇよ。継続だ。続けることが刑事の勲章なんだ。おまえら事務屋とは違うんだよ」
上原 「なんですか、そうやって事務屋を目の敵にする。刑事が活躍できるのも、神輿かついでる、われわれ事務職がいるからじゃないですか」
湯上沢「なにを言ってやがるんだ、この野郎」

  (TBS[仲村トオル]版の「刑事の勲章」のOB会部分を文字起こしした)
  ポリスマン列伝 刑事の勲章   ポリスマン列伝 二渡真治   刑事のなれの果て

刑事の勲章 って しがらみ?


(二渡と上原が、かって上原が切った猪熊のことを話しているところに、松岡勝俊[捜査一課長]が語る)

「デカは斬らないんだよ、上原。・・・それが刑事の勲章なんだ。

殺しのホシも、たたきのホシも、その女房・子供も、協力者も、先輩も、後輩も、みんなズルズル引きずってく。・・・それがデカだ。

大事だ、面倒だ、切ってしまいたいときもある。だが切らないのがデカだ。

何百、何千という人間と死ぬまで繋がっていることが、刑事の最大の勲章なんだよ」

  (仲村トオル版の「刑事の勲章」で捜査一課長が一方的に語る部分を文字起こしした)

  ポリスマン列伝 刑事の勲章   ポリスマン列伝 二渡真治   刑事のしがらみ

刑事の勲章(なれの果て) 弊害

準備中(製作途中)
  刑事の勲章ってなんだ。退官後も(なんら公式な権限を持たずに)捜査活動を続けることなのか。迷惑な話だ。現役の刑事にとっても、世間一般にとても実に迷惑な話だ。
先輩風をふかして現場に口を挟もうとする。「老いぼれは引っ込んでいろ」と内心は思っていても

「陰の季節」では金銭は絡んでいないが・・・

D県警シリーズ・(群馬県警版) 映像化

# ドラマ / 映画 映像化 備考
1 陰の季節
(原作:陰の季節、黒い線)
 
2016/04/18
月曜名作劇場
 
TBS(主演・仲村トオル)群馬県警版
(「黒い線」から似顔絵かき婦警の話題)
 
2 刑事の勲章
(原作:刑事の勲章、動機)
 
2016/04/25
月曜名作劇場
 
TBS(主演・仲村トオル)群馬県警版
(「動機」から手帳紛失の話題)
 
= 64 (ロクヨン)
(原作:64 - ロクヨン)
 
前編 16/05/07
後編 16/06/11
 
東宝(主演・佐藤浩市)群馬県警が舞台

 
  「刑事の勲章」は過去2回、TBSによってドラマ化されている。舞台となる県警は上川隆也版が神奈川県警(後述)、仲村トオル版が群馬県警。そして「64」の群馬県警につながっていく。 小説では「陰の季節」のみ二渡真治が主人公である。
 


55 横山秀夫サスペンス ~ 刑事の勲章 1

52 横山秀夫サスペンス ~ 刑事の勲章 2

D県警シリーズ・(神奈川県警版) 映像化

# ドラマ 映像化 備考
1 陰の季節
(原作:陰の季節)
2000/05/01
月曜ドラマ
スペシャル
短編集『陰の季節』所収「陰の季節」
 
陰の季節 (ドラマ Wiki)
2 動機
(原作:動機、黒い線)
2001/01/29
月曜ドラマ
スペシャル
短編集『動機』所収「動機」
短編集『陰の季節』所収「黒い線」
 
3 密告
(原作:地の声)
2001/12/24
月曜ミステリー
劇場
短編集『陰の季節』所収「地の声」
 
 
4 失踪
(原作:看守眼)
2002/10/28
月曜ミステリー
劇場
短編集『看守眼』所収「看守眼」
 
 
5 事故
(原作:鞄)
2003/03/17
月曜ミステリー
劇場
短編集『陰の季節』所収「鞄」
 
 
6 刑事
(原作:刑事の勲章、警告)
2003/09/13
月曜ミステリー
劇場: TBS
「刑事の勲章」は「オール讀物」02年2月号
「警告」もたぶん「オール読物」掲載
(「警告」は警察署葬の話題?)
7 清算
(原作:清算)
2004/11/29
月曜ミステリー
劇場
「オール読物」2002年8月号掲載
 
 
  TBS(主演・上川隆也)神奈川県警版。 「刑事の勲章」は過去2回、TBSによってドラマ化されている。舞台となる県警は上川隆也版が神奈川県警(ドラマのタイトルは「刑事」)、仲村トオル版が群馬県警(前述)。 原作は「刑事の勲章」だけではなく、上川隆也版では「警告」、仲村トオル版では「動機」のエピソードを交えている。
  このシリーズ(上川隆也版)はビデオテープ(VHS)のみの発売でDVDに発売はないようなので・・・、既にビデオデッキを処分した身としてはBS-TBSあたりで再放送されるの待つか。
 


映画『64-ロクヨン-前編/後編』 徹底ガイド 【驚愕の展開】ストーリー編

横山秀夫・F県警強行班シリーズ

# 書名 (刊行順) 発刊 備考
1 第三の時効
  (短編集)
2003/02/05 沈黙のアリバイ、第三の時効、囚人のジレンマ、密室の抜け穴、ペルソナの微笑、モノクロームの反転
  ├ 沈黙のアリバイ  (2001/09/) 『小説すばる』2001年9月号掲載
  ├ 第三の時効
 (2002/02/) 『小説すばる』2002年2月号掲載
ザ・ベストミステリーズ―〈2003〉
  ├ 囚人のジレンマ  (2002/04/) 『小説すばる』2002年4月号掲載
  ├ 密室の抜け穴  (2002/07/) 『小説すばる』2002年7月号掲載
  ├ ペルソナの微笑  (2002/09/) 『小説すばる』2002年9月号掲載
  ┗ モノクロームの反転  (2002/11/) 『小説すばる』2002年11月号掲載
- 第四の殺意
  (短編)
2003/12/__ 『小説すばる』2003年12月号掲載
孤独な交響曲―ミステリー傑作選(講談社文庫)
ザ・ベストミステリーズ―〈2004〉
- 永遠の時効
  (短編)
2006/03/__ 『小説すばる』2006年3月号掲載
名探偵の奇跡―日本ベストミステリー選集
  F県警強行班シリーズはF県警捜査第一課、それぞれアクの強い、個性的な三つの班(係)の班長、朽木、楠見、村瀬に率いられた刑事たちが、競い合いながら捜査にあたる。「第四の殺意」では第4班が新設される。班長は浅倉警部補。プロファイリング部門である。

Team Kurosagi   詐欺関連最新ニュース (日々更新中)
    有名詐欺師列伝                法曹関係者列伝                極悪詐欺師列伝    

反社会的勢力のニューウェーブ、極悪詐欺師集団・葛飾のハイエナ一家を糾弾せよ

hus1l House of Hyena 佐々木忠夫の音声