スタヴィスキー[Serge Alexandre Stavisky]



"STAVISKY" - Stephen Sondheim


セルジュ・アレクサンドル・スタヴィスキー /スタビスキー

  亡命ロシア人の息子、ウクライナ・キエフ出身のユダヤ人。フランスに移住後、さまざまな職業を転々とした後、1931年にバイヨンヌ市立信用金庫を設立。

  同信用金庫を使って、5億フランを超えるともいわ債券を発行したが、債券発行の担保として供された宝石類が盗品あるいは模造品であることが発覚。

  時の政権関係者が債券の販売に手を貸していたことから、一大疑獄に発展。

スタヴィスキー事件 - Wikipedia


スタヴィスキー事件 - Wikipedia Stavisky Affair - Wikipedia, the free encyclopedia
Stavisky (薔薇のスタビスキー)


『薔薇のスタビスキー』1994年フランス映画

主演:ジャン・ポール・ベルモント、監督:アラン・ルネ


「幸福は一瞬だが、快楽には時間がかかる」(スタビスキー)。

「私にとって、これは詐欺についての夢想のようなもので、詐欺とはつまり死を忘れるための競争のようなものだと考えた」(アラン・レネ監督)。


アレクサンドル・スタヴィスキー 関連年表

1886/11/20 アレクサンドル・スタヴィスキー、ウクライナ・スロヴォトカで生まれる。
1894/__/__ この頃、父と二人でフランスに流れついた。父はフランス西南部のバイヨンヌ市で歯科医を開業。
官立高等中学を中退しパリに出奔、不良仲間に入った。窃盗などで二、三度拘束された形跡がある。
1922/__/__ 突如、国際決済銀行関係者の一人として、登場。
フランス代表のボンネ(前蔵相)の懐刀として経済会議に乗り込む。
1934/01/08 フランス、シャモニー・モン・ブランにて死亡。
Simon Arlette - Mémoires de Guerre
L’Affaire Stavisky | National Vanguard
久生十蘭『十字街』(1951/01/01-1951/06/17朝日新聞夕刊に連載後、1952年朝日新聞社より刊行)。 『十字街』は創作物であるが、スタヴィスキーの生い立ち、略歴の部分は事実らしく、参考にさせていただいた。

薔薇のスタビスキー | Movie Walker
CinemaScape/詐欺師 (search result)(1/5)
過去の偉大な天才詐欺師達(フランス内戦の危機をもたらした男)編
Team Kurosagi   クロサギニュース (詐欺関連最新ニュースを日々更新)
ポリスマン列伝 法曹関係者列伝 極悪詐欺師列伝


反社会的勢力のニューウェーブ、極悪詐欺師集団・葛飾のハイエナ一家を糾弾せよ