ヴィクトル・ルースティヒ [ Victor Lustig ]


準備中(製作途中)

エッフェル塔を2度も売った男


Victor Lustig
Victor Lustig [1890/01/04-1947/03/11]



Виктор Люстиг (Victor Lustig)

La Tour Eiffel (The Eiffel Tower)

  いまでこそ、「鉄の女」[ La Grande Dame de Fer] と呼ばれ、フランスのシンボルとなっているが、建設当時は、パリの美観を損なうとして、著名な芸術家達によって建設反対運動もあった。

  万国博覧会の為に建設された塔は、当初から20年後には(後に撤回されたが)解体する計画であった。こうした経緯もあり、メンテナンス費用が嵩むので、解体して鉄材を払い下げるという与太話に信憑性がなくもなかった。

Victor Lustig

Victor Lustig - Wikipedia, the free encyclopedia
Eiffel Tower - Wikipedia, the free encyclopedia

エッフェル塔 - Wikipedia
エッフェル塔 | 第1部 1900年までに開催された博覧会 | 博覧会―近代技術の展示場
今まで数百人が自殺しているエッフェル塔―フランス - NAVER まとめ

The Man who Sold the Eiffel Tower - A True Short Story

Victor Lustig Case File

Victor Lustig Biography - Facts, Birthday, Life Story - Biography.com

Lists of Note

詐欺師の掟10項目にみる手口と特徴

何故エッフェル塔が建てられたのか? -  雑学ポータルサイト(大人マジック)

Are You Being Conned? | Read Stuff With Me

あなたの知らないエッフェル塔 - フランス生活情報 フランスニュースダイジェスト


THE MAN WHO SOLD THE EIFFEL TOWER- VIKTOR LUSTING

ヴィクトル・ルースティヒ [ Victor Lustig ] 年表

1890/01/04 オーストリア・ハンガリー帝国(現チェコ共和国)オースティン[hostinne]にてヴィクトル・ルースティヒ誕生。
1899/01/17 アル・カポネ誕生。
1925/03 政府の役人に成りすまし、エッフェル塔を解体し払い下げるとして業者5人に招請状を送った。 そのうちのポアソンは賄賂を贈り、契約を確実なものとしようとした。 賄賂を受け取ると、その日のうちにオーストリアへ向かった。 ポアソンは非常に恥じて警察には届けなかった。
1925/04 警察が動いていないことを知ったルースティヒは、一ヶ月後にパリに戻った。
1930/05/27 ニューヨークに、クライスラービルが建設されて、エッフェル塔は世界で一番高いビルの称号を譲った。 クライスラービルは1931年4月30日まで首位を保った。
1932/08/22 アル・カポネ、アトランタ刑務所からアルカトラズ刑務所へ移送。
1935/05/10 ヴィクトル・ルースティヒ逮捕。アルカトラズ刑務所へ。 刑期は20年であったが、11年後に獄中にて死亡。
1939/11/16 アル・カポネ、釈放。 (梅毒が悪化し、釈放前はロサンジェルス近くの連邦矯正施設に移されていた)
1947/01/15 アル・カポネ死亡。
1947/03/11 ヴィクトル・ルースティヒ死亡。
Victor Lustig [wikipedia]

Commandments for Aspiring Con Men

1.Be a patient listener (it is this, not fast talking, that gets a con-man his coups).

2.Never look bored.

3.Wait for the other person to reveal any political opinions, then agree with them.

4.Let the other person reveal religious views, then have the same ones.

5.Hint at sex talk, but don’t follow it up unless the other fellow shows a strong interest.

6.Never discuss illness, unless some special concern is shown.

7.Never pry into a person’s personal circumstances (they’ll tell you all eventually).

8.Never boast. Just let your importance be quietly obvious.

9.Never be untidy.

10.Never get drunk.

Source: Fakes, Frauds & Other Malarkey: 301 Amazing Stories



高みを目指す詐欺師の10の鉄則

1. 我慢強い聞き手となれ。(詐欺師が成功を収めるのは、早口ではない)

2. 決して退屈しているようにみられていけない。

3.相手が政治的な見解を明かすのを待て。そして同意しろ。

4.相手に宗教的な見解を語らせろ。そして同様の信条を持て。

5. 猥談をほのめかせ。しかし、相手が強い関心を示さない限り、深入りするな。

6. 若干の特別な関心が示されない限り、病気を決して話はするな。

7. 個人的な状況を詮索するな。(結果的には彼らはあなたにすべてを話すだろう)

8. 決して自慢するな。ただ、自分の重要性を穏やかに明白なものとしろ。

9. 決してだらしない格好をするな。

10. 決して酔っ払わないようにしろ。

Source: Fakes, Frauds & Other Malarkey: 301 Amazing Stories


Team Kurosagi   クロサギニュース (詐欺関連最新ニュースを日々更新)
    ポリスマン列伝                法曹関係者列伝                極悪詐欺師列伝    


反社会的勢力のニューウェーブ、極悪詐欺師集団・葛飾のハイエナ一家を糾弾せよ